10/19(金) MIDORINOMARU 〜実りの秋ツアー in 京都〜

NiKA(piano),三星章紘(percussion,drums)による 2人組インストバンド
「MIDORINOMARU」。

ノルウェイジャンウッドでは初の演奏のお二人。

今回も恒例23歳以下&旅人(Tourist)割引あり!

ぜひたくさんの方に聴いていただきたい繊細でグルーヴィな演奏をお楽しみに!

広告

NiKA(piano),三星章紘(percussion,drums)による 2人組インストバンド
「MIDORINOMARU」。

ノルウェイジャンウッドでは初の演奏のお二人。

今回も恒例23歳以下&旅人(Tourist)割引あり!

ぜひたくさんの方に聴いていただきたい繊細でグルーヴィな演奏をお楽しみに!

[MIDORINOMARU]

2009年9月結成。
2012年から5月4日に「ミドリの日」という自主企画イベントをスタート。
2013年よりNiKA(piano),三星章紘(percussion,drums)の2人編成で活動を始める。
2014年吉祥寺曼茶羅で初のワンマンライブ。
2015年サイバーエージェントのアメーバ新ロゴアニメーションの音楽に
ミドリのマルの「karakuri」が使われる。
2015年GO OUT CAMP 猪苗代湖に出演。初の野外フェス。
2015年12月に、初のフルアルバム「no logic」を発売。
2016年7/31〜初ツアー「暑中見舞いツアー~いつもお世話になっております」
(浜松、和歌山、四日市、名古屋、蒲郡)
2016年12月に2ndアルバム「GOOD MORNING」を発売。
JZ Brat SOUND OF TOKYOでのリリースライブを成功させる。
同月TOKYO No.1 SOUL SETの恵比寿リキッドルームでの年末イベントへ参加。
2017年5月に毎年恒例の自主企画イベント「ミドリの日-vol.6-」をロボ宙をゲストに迎え開催。
舞台への楽曲提供やライブなど精力的に活動中。

http://midorinomaru.com/

 

40790469_1992477360809671_8003994894118944768_n.jpg

10/5(金) JabBee「風の歌」リリースツアー w/山田兎

京都のシンガーソングライター山田兎と、さまざまなルーツミュージックを感じさせる「JabBee」の2マンライブを開催!

40581688_1876270605775046_8474803870462115840_n.jpg

ノルウェイジャンウッドでも毎回、箱なりのする素晴らしい歌とギターを披露してくれている「山田兎」。

http://www.yamada-usagi.com/

今回は、今年リリースされた「風の歌」ツアー中の「JabBee」との2マンライブとなります。

unnamed.jpg

茨城県出身のSSW,JabBeeとladyeria(ex.カリフラワーズ)の二人による夫婦ユニット。

JabBee(ジャビー)は「モハメドアリ」の「蝶のように舞い、蜂のように刺す」というスタイルをヒントに「聴く者の心にチクリとジャブを打ち込む(Jab+Bee)」という意味で命名

JabBeeの描く切なく暖かい日本語のオリジナル曲は、rock,blues,soul,folk,raggae,jazz….様々なルーツミュージックを内包したシンプルで良質なポップソング。
その弾き語りにladyeriaの sax,clarinet,chorus等が彩りを添える。
2014レオパレス21のCM歌唱担当。
東京を拠点に全国のカフェ、bar 、ライブハウス等へ93年型volvo940で駆けつける。
2018年1月、通算6枚目のニューアルバム「風の歌」をリリース。

http://jabbeemusic.com/

俳優の田中要次さんが主演の渋いMV。

ノルウェイジャンウッドにばっちりな山田兎とJabBee。

貴重なライブをぜひ生で体感してください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■JabBee「風の歌」リリースツアー w/山田兎

■2018年10月5日(金)

■Open 7pm / Start 8pm

■Charge(全てドリンク代別途要)
・一般予約 2,500円
→当日 3,000円

・23歳以下/旅人(Tourist) 1.000円

■出演
・山田兎
・JabBee

9/30(日) イベント出張の為、臨時休業

勝手ながら、9月30日(日)は臨時休業とさせていただきます。

日中は滋賀県大津市、なぎさ公園で開催される入場無料のフェス「NAGISA MUSIC LIFE」に出店しておりますので、ぜひお運びください!

https://nagisamusic.net/

勝手ながら、9月30日(日)は臨時休業とさせていただきます。

日中は滋賀県大津市、なぎさ公園で開催される入場無料のフェス「NAGISA MUSIC LIFE」に出店しておりますので、ぜひお運びください!

https://nagisamusic.net/

9/29(土)ーアサダワタル新刊『想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ』(水曜社)出版記念トーク in 京都ー

音楽を中心とした表現活動を通じて、様々な地域コミュニティや福祉分野に関わる文化活動家・ アサダ ワタル さんの新刊『想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ』(水曜社)の出版記念トークを行います。

20180929.jpg

■■■■■
音楽で何ができるか?! ちょっとヘンテコなコミュニティデザインの未来をさぐる
アサダワタル×安田昌弘×谷田晴也 トークセッション
ーアサダワタル新刊『想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ』(水曜社)出版記念トーク in 京都ー
■■■■■

音楽を中心とした表現活動を通じて、様々な地域コミュニティや福祉分野に関わる文化活動家・ アサダ ワタル さんの新刊『想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ』(水曜社)の出版記念トークを行います。

アサダさんは、これまで自宅を代表としたプライベートな空間を無理なく他人に開放する「住み開き」や、分野や肩書きを超えて、異なるコミュニティとコミュニティを繋ぎ合わせるような、不思議な働き方・生き方を実現する「コミュニティ難民」といったコンセプトを、実践や著作を通じて提唱してきました。

今回は「音楽」と「コミュニティ」をテーマに、アサダ氏と親交のあるポピュラー音楽研究者で 京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部教授の 安田 昌弘 (Yasuda Masahiro)さん、修学院・一乗寺エリア初の地域興し音楽フェス「 一乗寺 the Day of Pleasure」の主催者のひとりで、 Cafe norwegianwood店長の 谷田 晴也 (Haruya Tanida)さんが、「音楽だからこそできる、ヘンテコで不思議なコミュニティデザイン(場づくり)」について、2時間みっちり語り合います。

終了後の懇親会では、アサダ氏によるミニライブも披露。たくさんのご参加お待ちしております。

■2018年9月29日(土)

■会場:CafeNorwegianwood(カフェノルウェイジャンウッド)
https://cafenorwegianwood.wordpress.com/
→京都市左京区一乗寺払殿町48コーポ吉沢1階
→最寄駅「叡山電車 一乗寺駅」徒歩5分

■トーク
・16:00開場 / 16:30 開始 / 18:30 終了予定
・参加費:1,500円(要事前予約・1ドリンク付き)
→椅子席20席・以降立ち見となります

■懇親会(ミニライブあり)
・19:00-20:30
・参加費:1,500円(一乗寺DOP関連のお店のおやつ付)

■出演
アサダワタル
安田昌弘
谷田晴也

■予約
・norwegianwood0707@gmail.com
まで「お名前・ご来場人数・ご連絡先・懇親会参加希望の方はその旨」を添えて
※送信から3日以内に返信なき場合は再度ご連絡いただきますようお願いいたします
※お子様膝の上無料・お席が必要な場合は規定のチャージの半額を頂戴いたします

【出演者プロフィール】
■アサダワタル(あさだ わたる)
アーティスト・文筆家、博士(学術)。自称 “文化活動家”。
音楽や言葉を手立てに、人々の日常生活・コミュニティときわめて近接した文化活動(アートプロジェクト、ワークショップ)の実践、ならびに執筆研究を行う。
近年の音楽実践に「千住タウンレーベル」(東京都足立区)、「ラジオ下神白」(福島県いわき市)など。
著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ 表現と仕事のハザマにあること』(木楽舎)ほか多数。
大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員、京都精華大学非常勤講師。
サウンドメディアプロジェクト「SjQ/SjQ++」ドラマー。
HP:https://www.kotoami.org

—————————–
■安田昌弘(やすだ まさひろ)
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部教授。
専門は文化社会学とポピュラー音楽研究。
昭和42年に東京荒川区で生まれるも、郊外の新興住宅街で〈地元感〉を育まずに育つ(小学校も中学校も新設校だった)。
東京でバブリーな大学生をしたあと、イギリスに留学し、流れでフランスで10年以上生活する。
文化のグローバル化、なかでもグローバル化にさらされた特定の場所のアイデンティティの音楽を通した生成変形に学術的な関心がある。
パリと東京のヒップホップ文化の比較研究で博士号(Ph.D.)取得。
京都に移住後は京都ブルースなど関西の音楽シーンについて研究するほか、最近はポエトリーリーディングに手を出したりしている。

—————————–
■谷田晴也(タニダ ハルヤ)
音楽フェス一乗寺the Day of Pleasure実行委員長/CafeNorwegianwood店長/イベントデザイナー/1982年生。
DonnyHathaway,Char,シアターブルックをこよなく愛する京都育ち。
バーカウンターの中から、買い出しの途中の街の風景から「人・街・音楽」を柱とした一乗寺での音楽フェスを思いつく。
地域の学生さん、特殊な地域住民の皆様と共に開催4年目を迎える2018年度は手の届く範囲の様々なコミュニケーションの可能性を見出し「一乗寺新聞」「にちじょうじカレンダー」を発行。また「一乗寺ベンチプロジェクト」「軒先ピアノ」「街歩きツアー」などを企画し実行中。
一乗寺DOP:https://www.ichijyoji.net/
一乗寺新聞:https://www.ichijyoji.net/ichijyoji-shinbun
CafeNorwegianwood:https://cafenorwegianwood.wordpress.com/

—————————–

9/6(木)[Thu,6,Sep] 「木曜、ライブ。」

京都一乗寺で平日に繰り広げられるライブ。「木曜、ライブ。」
チップ制でお気軽にお越しください。出演は「旧こいけ」「SUKIDARAKE MAFIA」!

20180906.jpg

週末に限らず、平日からも気軽にライブミュージック。

一乗寺CafeNorwegianwoodがお送りする「曜日、ライブ。」シリーズ。

今回は、2組の若い演奏者をお招きして開催。


■旧こいけ→https://kyukoike.tumblr.com/

tumblr_inline_p3ognjncG81uujs9d_500.jpg


■SUKIDARAKE MAFIA →https://sukidarakemafia.wordpress.com/

sukidarakemafia_4.jpg


平日の夜に、雰囲気のある音楽をお楽しみください。

■木曜、ライブ。(Thursday,Live Music)
■2018年9月6日(木)

■Open 7:00pm / Start 7:30pm

■チップ制/要1オーダー(Tipping/needs1D order)

■Venue CafeNorwegianwood

8/25 土曜日(Sat,25,Aug) 「SEIJIのマジックナイト」

一乗寺で発見率現在ナンバー1。

マジシャンSEIJIのマジックナイトリベンジが開催。

まさかの諸事情により、開催が延期となった第1回からはや数ヶ月。

今回は投げ銭制(Tipping)での開催となります。

seijim8.jpg

一乗寺で発見率現在ナンバー1。

マジシャンSEIJIのマジックナイトリベンジが開催。

まさかの諸事情により、開催が延期となった第1回からはや数ヶ月。

今回は投げ銭制(Tipping)での開催となります。

あっと驚くマジックで、夏バテ解消^^

ご来店お待ちしております。

尚、ショー終了後は、お客様ごとにワンコインマジックも開催。

涼しい店内でマジックで体調回復!?

8/26(sun) 大和田 慧 「まどろみ」発売記念アコースティックライブ

抜群の歌唱力と、抜群のメロディセンス。大和田慧さん、念願のワンマンライブat 一乗寺が開催!

20180826.jpg
一乗寺の音楽フェス「the Day of Pleasure 2017」にご出演いただいた素晴らしいシンガーソングライター「大和田 慧」さん、念願のワンマンライブが開催!

2018年6・7月 NHK みんなのうた「まどろみ」、NNNストレイトニュース ウェザーテーマ「I’ll be there」収録のミニアルバム発売を記念したライブ。

素晴らしい世界をぜひ夏の夕暮れにお楽しみください!

■大和田 慧「まどろみ」発売記念アコースティクライブ
■2018年8月26日(日)
■16:00 open 17:00 start

■会場 京都 一乗寺 CafeNorwegianwood
→叡山電鉄「一乗寺」駅 下車徒歩 5分

■予約
一般 3,000円(立ち見 2,700円)/ 23歳以下・外国人 1,500円

※当日は全て+500円
※別途ドリンク代要

■予約方法
・ノルウェイジャンウッド店頭前売予約
・メール norwegianwood0707●gmail.com(●→@)に変えて

「公演名・お名前・ご来場人数・希望券種・ご連絡先」を添えて

※ご入場順は先着順とさせていただきます


大和田 慧 プロフィール

東京出身シンガーソングライター。
瞬時に空気を捉える声はやさしく、時に力強く言葉を響かせる。
キャロル・キングやソウルミュージックに影響を受けた音楽性と深いまなざしをもつ歌詞で、静かにその世界へ惹き込んでいく。
2012年より活動開始。定期的に渡米し、NYでライブやレコーディングを行うほか、NYアポロシアター・アマチュアナイトに自作曲で出演、準決勝まで進出。
これまでに初のセルフプロデュースによる私小説のようなミニアルバム「5 pieces+1」、ニューヨーク録音の「A Part Of Me EP」、国内の敏腕ミュージシャンと作り上げた渾身のフルアルバム「touching souls」の3作品を発表。
また、様々なアーティストの作品やライブへの参加、詞曲提供、アートとのコラボレーションも積極的に行っている。

2017年にMONDO GROSSOの14年ぶりのアルバムにボーカル参加、FUJI ROCK’17にも出演。

2018年、ロサンゼルスにてJon Brionとのレコーディングが実現。6月〜7月、書き下ろしによるNHKみんなのうた「まどろみ」が放送され、ニューシングル「まどろみ」が7月に発売。ますます注目されているシンガーソングライター。

活動歴
【2012年】セルフプロデュースの1st ミニアルバム「5 pieces+1」発売。東京拠点にNYでも度々ライブを行う。

【2014年】ハーレムにある殿堂アポロシアターのアマチュアナイトに自作曲「you are my love」で挑戦し、準決勝まで勝ち残る。  全曲NYレコーディングの「A Part Of Me EP」を発売。TAKE6、日野皓正らと南郷ジャズフェスティバルに出演。

【2016年】渾身のフルアルバム「touching souls」を発売。佐藤竹善をゲストに迎え、札幌シティジャズに登場。さかいゆうのCotton Club公演にゲスト参加後、ツアーに参加。ピアニスト松本圭司のアルバムにボーカル参加。

【2017年】MONDO GROSSO14年ぶりの新作「何度でも新しく生まれる」にVocal、作詞、作曲で参加。FUJI ROCK’17にも出演。

【2018年】2月にLAにて音楽家Jon Brionとのレコーディングが実現。作詞を担当したMONDO GROSSOの「偽りのシンパシー」がTBS系ドラマ「君が心に棲みついた」挿入歌になる。6月〜7月、書き下ろしによるNHKみんなのうた「まどろみ」が放送される。


English

date August 26,2018
venue CafeNorwegianwood(Ichijoji,sakyo-ku,Kyoto)
→5min by walk from Icijoji Station

cover charge 1,500yen+drink order

Kei Owada

Singer songwriter, composer, multi-instrumentalist

Kei Owada is a singer/songwriter from Tokyo, Japan.
Kei attracts her audience into her world with her music, which is influenced by Soul music and ’60s and 70’s American music such as Carole king, and with her words that resonates deeply with others.
Like a missing piece one has been searching for, Kei’s clear yet sensitive singing voice and delivers her words gently, sometimes powerfully.
In 2013, Kei released her first EP 5 pieces+1 as a solo artist and expanded her musical career, performing in Japan and overseas while preparing to produce her next original EP.
Kei has travelled to NY, USA numerous times and joined jam sessions with local musicians. In 2014, she has been chosen as a top dog (semi-finalist) at the Apollo Theater’s amateur night in NY. In the same year, she performed at Nango Jazz festival, where Terumasa Hino and TAKE 6 also appeared.
Then on November 2014, she released an EP, A Part of me. Her new sound was coming directly from New York City, getting musical support from young acclaimed musicians.
In April 2016, Kei released her full album touching souls, which she collaborated with hotshot musicians in Japan. In July 2016, she has appeared Sapporo city jazz festival with Chikuzen Sato and also joined Yu Sakai’s show at Cotton Club in Tokyo as a guest singer. She is surely expanding the range of her musical career.