10周年を待たずして。

2007年より(正確には居抜き店舗だったのでさらに5年ぐらい?前)長らく、弊店のお客様を支え続けた、カウンター天板。

IMG_4178

2015年に佐藤タイジさんをお招きして以来の念願、改装を行いました。

いつも頼りになる、Nぼるくん、なんだかんだで世話になりっぱなしのご近所さん、サトウ金物のRょうじさんと、数回打ち合わせ。

からの施工。

IMG_4183

 

 

やっぱり、プロは寸法測るのが早い。

そして、工具のバリエーションがハンパない。。。

 

 

 

IMG_4184

 

 

 

ついにサンダー?がうなりをあげます。
粉塵ハンパなしも止む無し。

 

 

 

そして・・・・

広い!

IMG_4185

20cm強の空間の創出に成功!!

カウンター板を取り外せるようになりました!!

着けるとこんな感じ。

IMG_4188IMG_4187

 

 

 

 

金具が出てるのですが、ロボット感でていい感じ。

 

 

 

 

 

やっぱりいるよね、という感じで強度保持のポールを装着。

混んできたら、股の間に挟むといい感じ。

急いで座るときにスネを打たないように・・・・注意お願いします。

 

 

 

 

 

 

イスだしのイベント、オールスタンディングのイベントのときもやっぱりお客さんのストレスになる(身を乗り出さないと見えない)し、なにより、いつも来ていただいているアーティストさんを多くの方に見ていただきたいという気持ちのみで、いろんな人に「やめときなはれ」と脅かされながら実行しちゃいました(笑)

ちなみに、カウンターは4分割されているので、イベントに合わせていろいろ使い方考えられちゃいます。

過去のライブでも、やっぱり東京から来ていただいているみなさんは、交通費だってかかるし、京都の宿が高くって、いくら満員になっても金銭的にきつかったり、はたまた、それでも、店長の理念を信じて、高いチャージを払って見に来てくれる皆様など。

みんなが楽しいイベントになるには・・・

・出演者には満足できる金額と環境(できる限りの空間を)を

・お客様にはストレスのない金額で素晴らしい演奏を(安ければいいというわけではなくて適正かつ、月一のところ、月に2回ライブいけたらそれは全体としてOKだと思う)。また、学生さんにもいろいろ経験してほしいけど、キャパの都合でおおっぴらにできないことがあったり。

・店の収入アップ!これも重要!ライブの時はやっぱりドリンクでてほしいです。フードも用意したいけど、テーブルおけるほどではないので、なるべく工夫して手持ちでたべれるものをご用意することも。

・そうそう、うちはたまたまデザインとか音響とか助太刀してくれる方がいて助かってるけど、本来そこにもお金払わないとまずい

みたいな尽きない悩みを今店がここ一乗寺にあって、さらに路面店で音の苦情があまりなく、さらに両隣のお店が、本当に好意的に受け取っていただいていて、などなど考えて、思い切って切り離しました。

改装後、最初のイベントは5/14(日)!
ブルースってのもなかなか意味深。

ps170504.jpg

タケフミさんに1930年代のナショナルのリゾネーターギターをみせてもらって演奏してもらった先日。
楽器に対する愛のある感じが大好きで、毎年DOPにも出演してもらっている地元のミュージシャン。今回はカウンターないんで、是非踊ってくださいジュークジョイント一乗寺。

ともあれ、持ち込みのイベントももちろん可能です。

キャパはスタンディングで40強、イスだしで30ぐらい。

是非店長まで。

やっぱり、表現者:お客さん:ハコ、の一体感があるお店にするべく、きっぱりやっていきますので、間も無く、10周年。

変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中